ソフトやサービスを高く買う日本企業

交渉下手はSAPやその他ソフトウェアやサービスにおいても同じだと思うが、なかなか致命的な弱点だと思う。
【記事】
製品を高く買う日本企業 外資系の言いなりになる理由
【URL】
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/020600007/032200004/index.html
【コメント】
ユーザ企業が高値の言い値で売り付けられる理由として、ユーザ企業側に選択肢がない点をあげる経営者がいたとの記載がある。これはパートナーのIT企業に丸投げしているからではないかと筆者は言っている。
これは一理あると思います。IT部門の弱い企業が多いと思います。ITリテラシーの低い会社はITベンダーなどに丸投げしがちになりますし、そうなるとITベンダーにとってやりやすいサービスやソフトウェアを使うこととなります。それがそのユーザ企業にとって最善のサービスやソフトウェアとは限りません。
まぁそんな企業がいるから我々IT企業は儲けられてるってのもありますが、日本経済全体の利益を考えたら、非IT企業がもっとITに強くなってほしいですね。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です