トルコショックの簡単なまとめ

2018813日の日経新聞をざっくりまとめておく。

  • トルコショックで日経平均株価が続落して22000円を割る
  • エルドアン大統領は利上げを否定
  • トルコ向け債権が多い欧州の金融機関でリスクオフムード
  • ついでに米中の貿易摩擦にも懸念広まる
  • 中国の上海綜合指数が反落、中国株バブル崩壊後の安値に近づく
  • 香港株式相場も全面安、ハンセン指数は28000を割り込み
  • 東南アジア各国の株価も下げた
  • エルドアン大統領は金融引き締めを嫌い、中銀への圧力
  • インフレ率が16%近くに達している
  • トルコと米国の対立は引き続き
  • エルドアン、国債通貨基金(IMF)へ支援は仰がない方向
  • リラ売りに対し円が上昇
  • リラが13日早朝に過去最安値を更新、投資家の損切り目立つ

こんな感じでしょうか。トルコ、というよりエルドアンよ、これからのトルコはどうなるのだ。

エルドアンが信じる政策をするのは良いが、それが諸外国にナンセンスだと思われれば、もはやその政策も効果がなくなる。グローバル経済とはそういうものだ。視野の狭い、つまり国内にしか目を向けない政策は効果がない。永世中立国のスイスだって外国の経済の影響を受ける。

個人的にはずいぶん前にトルコリラの取引から撤退していたので、今回はあまり傷がない。考えると恐ろしい。

参考記事:

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34091590T10C18A8MM0000/

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です