アーンドバリュー分析の計算方法の覚え方!

プロジェクトマネージャ試験の勉強をしていると必ずでてくるアーンドバリュー分析のスケジュール差異とスケジュール効率指標、コスト差異とコスト効率指標の計算方法について、覚えやすいようにまとめてみました。

ちなみに基本情報技術者試験や応用情報技術者試験にもその基礎は問題で出てきた気がします。

アーンドバリュー分析とは

今回は覚えやすい方法を紹介するので簡単にお話します。アーンドバリュー分析とはプロジェクトの進捗を予定と実績のスケジュールとコスト見てタイムリーに進捗を計測できる分析手法です。

PM

今の進捗は?な、なんと、コストがかかりすぎている!!スケジュールもこのままだと間に合わない!!!

アーンドバリュー分析を使えばその後の進捗の予測もできます。

本題!覚えやすい方法

これは私の良くやる方法ですが、覚える内容が並列に複数ある時は共通点を見つけてグループ化したり、法則を見つけて語呂合わせしたりします。

あえての手書きです。綺麗すぎたり無機質過ぎると人の記憶には残りにくいものです。とある塾で講師がおかしな格好して授業したら生徒の成績が上がったと聞いたことがありますが、まさにそれです。普通とは違うことで記憶に定着するのです。

話は少々逸れましたが、画像の1番左は縦にSCSCです。スケジュールとコストの話がメインなので当たり前かもしれません。要はスケジュールとコストが2個ずつあります。その2つのうちIがつくのがIndexでつまり指標です。

次に右の方の計算式ですが、左側は全てEV(Earned Value)です。右側は縦にPAPAでパパです。※画像では分母、分子と書いてしまいました、すみません。

引き算か割り算かですが、指標のように割合やパーセントで表すものは基本的に割り算で求めます。またスケジュール差異やコスト差異と、差異と言っているので差を求めます。すなわち引き算です。

このように覚えれば仕組みも計算式も覚えられるのではないでしょうか。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です