Powershellスクリプトをタスクスケジューラに登録する方法

Powershellのスクリプトをタスクスケジューラに登録して、定期的に自動実行する方法です。

バッチファイル等の登録と違い、少々癖があります。

特に操作を登録する個所です。「プログラム/スクリプト」の個所には、Powershellのパスを指定します。私のPCでは下記のパスにありました。WindowsであればOSバージョンが違くとも、おおよそ同じ場所にあるかと思います。

C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe

そして引数として「-Command “スクリプトのパス”」を入力します。

最後にスクリプトを実行させたいディレクトリを指定します。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です