もうすぐで2ヶ月!利益積み重ね中のチマチマトレードレポート!

今回もチマチマトレードのレポートを書いていきたいと思います。もうすぐで開始して2ヶ月となりますが、着実に利益が増えてます。

FX作戦第93号塩漬けナンピンスワップ作戦

世間では新型コロナウイルスの影響で日本初の緊急事態宣言が発令されたと騒いでいた2020年4月から早くも1ヶ月が経過し、おそらく今までで一番静かなゴールデンウイークを経て、5月中旬には39県のみを対象に緊急事態宣言が解除されました。私の住む東京都や、地元である神奈川県はまだ緊急事態宣言が解除されそうにありません。

この記事を執筆しているのはそんな世の中ですが、日経平均も20,000円を回復し、おおよそ20,000円以上をキープしているように見えます。新型コロナウイルスによる不安で乱高下していた相場も落ち着きを取り戻し、急速な下落を経験した石油についても、まぁそこそこの回復と言いますか、下げ止まったと言っても誤りではないでしょう。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、この1週間のトレードの振り返りをしてみたいと思います。

1週間の成績

2020年5月19日の預託金残高は1690.5円で、累計利益は420.5円となりました。

2020/5/19現在の預託金残高

1週間の利益としては160円でした。

以前のレポートで月当たりの想定利益が100円程度とお話していましたが、この1週間については160円の利益となりました。

その売り上げに貢献してくれたのがトルコリラ円(TRYJPY)です。現在は10通貨でのトレードを行なっていますが、以前は1通貨での取引を行っていました。

トルコリラ円も1通貨で始め、ナンピンで2通貨に、さらにナンピンで2から4へ、このようにナンピンを重ねて512通貨となっており、それが長い間塩漬け状態となっていました。このトルコリラ円が反発することによって、今回の160円の利益に対しておよそ120円の利益を得ることができました。

このチマチマトレードの手法においては、頻繁ではないものの時々大きく利益を出してくれるトルコリラ円も、とても重要なポジションなのではないかと思いました。加えて、トルコリラ円はスワップも高いのでなおさらです。

今後の作戦について考える

先日、このチマチマトレードでどの通貨ペアをトレードすべきかという記事を投稿しました。

トルコリラ円については大きく下落した際の逆張りでトレードしようと思っていましたが、値動きも大きくなく、スワップが魅力的なので、常連の通貨ペアに入れようと思います。

また、現在の手法は証拠金約1,000円に対し、10通貨のトレードを8通貨ペア(2020年5月19日現在)で行っています。これまでの累計利益が420円となり、これまでと同じくらいの利益が得られれば1,2ヶ月後には累計利益が1,000となり、証拠金が約2,000となります。このタイミングで取引通貨量を10から20にするのもありだと思っています。

こういった思惑もありますが、しばらくは現状維持で続けていく予定です。

これまでの成績と記録

これまでの預託金残高をまとめます。括弧内の利益とは累計の利益です。

累計利益の推移
  • 2020/03/13:1通貨単位取引で開始。
  • 2020/03/13:1,270円(開始時)
  • 2020/03/24:1,275.4円(利益5.4円)
  • 2020/03/29:1,286.8円(利益16.8円)
  • 2020/03/31:1,321.8円(利益51.8円)
  • 2020/04/07:1,337.6円(利益67.6円)
  • 2020/04/07:取引単位を10通貨に変更。
  • 2020/04/14:1,382.4円(利益112.4円)
  • 2020/04/21:1,386.3円(利益116.3円)
  • 2020/04/28:1,420.6円(利益150.6円)
  • 2020/05/05:1,453円(利益183円)
  • 2020/05/12:1,530.3円(利益260.3円)
  • 2020/05/19:1,690.5円(利益420.5円)

この FX作戦の概要

この FX取引方法の概要はこちらのページをご覧ください。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です