経験で語るテレワークでのチームワークの工夫

私は4月から約5ヶ月間テレワーク中心のワークスタイルとなり、その間に新たなメンバーを迎えて開発プロジェクトを進めています。

その中で、いかにチームワークを高めたり、あるいはコミュニケーションを円滑にするか工夫してきました。

そこで今回は私が試した方法と、その良かった点と悪かった点について書きたいと思います。

朝会・朝礼

私は出社していた頃は朝礼というものは面倒に思っていて、反対派だったのですが、テレワークを始めると、とても大切だなと感じました。

いかに意図的に話す場を設けるかが大切だなと思いました。私のチームの場合は、毎朝5分から15分ほどで、その日の個々人のタスクや抱えている問題点について話をします。

週次定例

こちらは朝会・朝礼よりも長めの時間を使ってチームとしての課題管理やWBSの更新などを行っています。

テレワークではどうしてもメンバーの行なっているタスクや進捗が見にくくなってしまいますので、ここで一気に更新します。

業務掲示板

業務用の掲示板のような環境を作ります。マイクロソフトのTeamsでいうチャネルのようなものです。

例えば、「9月のお客様説明資料について」なんてタイトルで投稿します。するとそれに返信するように「ここを修正すべき」や「あの内容も盛り込むべき」と言ったやりとりができます。

従来はメールで行うようなことですが、メールだと能動的に探しに行かなければならない一方、掲示板のスタイルならついでに他のトピックも目に入ります。これはオフィスでの「隣でなんか話してるなぁ」の感覚に少し似ているような気がします。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です