テレワークして、分かってしまいました。

新型コロナウイルスの影響で私も半年近くテレワークをしています。

その中で色々分かってきたことがありますのでいくつか挙げてみたいと思います。

必ずしも対面じゃなくても良い仕事

これまで私の職場では設計書のレビューを対面の会議でやっていました。テレワークになり、しばらくはテレビ会議ということでやっていました。

しかしある時気がつきました。これは必ずしも対面でやる必要はないなと。

レビューする側が「何番について直してください」と言うと、レビューされる側が「はい、分かりました」と言い、「何番を修正」とメモを取ってました。

これってレビュー用のエクセルファイルかなんかを用意してレビューする側に記載して貰えば良くないですか?

仕事ができると思ったら実はできなかった人

出社とテレワークに対する人の好みなどが関係しているかも知れませんが、会社ではバリバリ仕事している風なのに、テレワークになると音沙汰のない人がいます。

あの人はなぜいつも忙しそうだったんだろうと不思議に思います。

これまで気にならなかったけどコミュニケーション取れない人

対面で話していると気にならないのですが、電話になるとよく分からない人がいます。私もそう思われてしまっているかも知れませんが、対面だと可能だった手振り身振りができず、言葉だけで伝える必要があるためです。

特に困ったのはテレビ会議で画面共有をしている時に「上の方、やや左」と言われてもよく分かりませんでした。対面で指差してくれれば良いのですが、テレワークではそうはいきません。

どの辺を指しているのかしっかり伝える必要があります。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です