海外赴任前の歯医者の重要性〜マレーシア赴任に向けて〜

海外赴任前に歯医者に行くべきか、についてです。
それはもちろん行くべきです。海外赴任でなくても検診しに行くべきだと思いますが、海外赴任となるとどんなことを考えなきゃならないかについてお話したいと思います。

保険金

まずは保険です。海外赴任となると確実に海外旅行保険などに入ると思います。現地で発生した不慮のケガや病気に対して保険金を受け取れたりします。

しかし海外旅行保険に歯科医療が含まれていることは少ないです。含まれていたとしても保険金が高額になったりしますので、海外旅行保険が会社負担の場合に、会社が認めてくれるか分かりません。かといって追加で自分で保険に入ると言う手もありますが費用がかかるのであまりやりたくないですよね…。

と、言うことで海外赴任前に歯医者に行った方が良い理由その1です。

治療期間

私の場合はこれが苦労しました。赴任の3ヶ月くらい前から、もっと言うと日頃から歯医者に行って検診を受けようと思ってました。しかし自覚症状がなかったので、後回し後回しとなってしまいました。

赴任の3週間前にやっと歯医者に行きました。虫歯なんてないだろうと思っていましたが、親知らずに大きな虫歯、そして他の歯にも数本大小の虫歯がありました……。言われてみればここ数年歯医者に行ってなかったな……。

結果的に虫歯治療が3-4本、親知らずの抜歯を1回ということに。本来歯の治療は様子や経過を見ながら少しずつ数週間に渡って行なうらしいのですが、異例の2-3本同時治療をしたりと大変でした。しかも歯医者によっては予約が空いていない…。

また歯を削ったりした時に詰め物をすると思いますが、本来は型をとってちゃんと埋めるらしいのですが、それもできませんでした。型を取って、型が納品されるまでに最低でも1週間かかるとのことでした。私の場合、赴任時期がしっかり決まっておらず「VISAがおり次第」だったので待つという選択肢はできませんでした。

ざっくりまとめると虫歯があった場合に治療期間が長くなる可能性があり、赴任に間に合わないかも知れないということですかね。

赴任国の医療事情

医療というのは各国によってかなり差がある印象です。直接的間接的に日本、アメリカ、フランスの病院にお世話になりましたが、どこも違いますね。専門家ではないので詳しくはお伝え出来ませんが。

まずはそもそも技術はどうなの?ってとこでしょう。先進国なら問題ないでしょうが、発展途上国ならどうでしょう。例えば歯医者はあるけど日本の昭和の技術、設備だけは良いけど歯医者にスキルがない、などなど。技術ではないですが遠くに行かないと歯医者がないなんてこともありますね。

日本人はもともと器用で几帳面ですので、狭い口の中を治療するのは他国の人よりは得意だと思います。

また求められているスキルにも差があるでしょう。日本では〇〇の治療は町の歯医者で出来て当たり前なのが、とある国で同じことをしようとすると総合病院に行かなきゃいけない、などですね。日本の当たり前が他国の当たり前ではないことを常に意識しなければなりません。

ちなみにマレーシアの医療は良いらしいです。医療設備は力を入れて充実させているみたいです。そんな話をちらっと聞きました。しかし海外赴任経験のある人が言う「良い」と、ない人が言う「良い」には大きな差があるということを忘れないでください。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です