人民元の対ドル上昇について

昨日の記事ですが…個人的に中国の経済には期待をしていないが、人民元の上昇には期待をしていた。
【記事】
人民元、対ドルで続伸 16時30分時点は6.2728元 一時2年7カ月ぶり元高
【URL】
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL27HPV_X20C18A3000000/
【コメント】
人民元はいつかあがると見ている。まず2005年に中国は完全にドルに連動させる方式をやめて管理変動相場制に移行しており、その頃から段階的に減を切り上げる決意表明がなされている。13年近くたった今、この理由付けは甘いものの、人民元高を助ける事実となる。
次にインフレーションの問題。中国ではインフレ率が高く好ましくない状況となっており、人民元安はそれに拍車をかける形になっている。人民元高にすることによってこれを和らげることができる。いつかインフレに耐えられなくなるのではと思っている。
最後にアメリカとの貿易摩擦である。最近は「米中貿易戦争」と言って盛り上がっているが、中国は自国の輸出を助けるために人民元安になるように操作してきた。これは不公平と、アメリカからも人民元高になるようにしろという圧力はあった。
何度かこんなことを考えるのだが、私の考えはあっているのだろうか。予想があっているかではなく、金融知識は間違ってないのか。。。後程しっかり勉強したい。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です