エヌビディア社の自動運転実験中止

SBI証券の売買代金ランキングでトップになってたエヌビディア社。ランキングは先週の話ですが、気になる記事があったので備忘録として残しておきたいと思います。
【記事】
「実験を継続する前に事故に学ぶ」、エヌビディアCEOが言及
【URL】
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00234/
【コメント】
自動運転の実験を一時中止したそうですね。ウーバー社が自動運転実験中に死亡事故を起こしたことがきっかけです。私は知りませんでしたが、ウーバー者はエヌビディアの提携先との記述がありますね。
IT企業に所属していながら、こんなに多くの会社が自動運転に挑戦していることをあまり知りませんでした。車の自動運転はある意味、これまでのITやテクノロジーの総体性的な要素もあると思います。かなり制御が難しいと思っています。
まずセンサーで周辺データを取得し、アルゴリズムにかけて判断、すぐに機械制御、なんて流れが瞬間的に何回も実施されるのですから、そのうち一つが欠けても、ウーバー社の死亡事故のように大惨事を起こしかねません。
投資目線で言うと、一番先に自動運転を実用化させる企業に張っておけば良いのかなと思いますが、それを見極めるのは難しいでしょう。ただ、例えば日本とアメリカに全く同じレベルの会社があったとしたら、アメリカの会社の方が早く実現するのではないでしょうか。規制の強さが違いますし、アメリカは道も広いので運転しやすい(半分冗談)ので。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です