ツイッターがシステムバグを見つけてパスワード変更の呼びかけ

タイトルの通りである。ツイッターが同社システムのバグを発見し、パスワードを暗号化する前の状態でログに記録していたことが分かり、ユーザーにパスワードの変更を呼び掛けている。
なお、情報流出や不正利用は確認されていない。しかし、なんらかの理由でそのログが流出した場合には、ユーザーのパスワードが外部に漏れてしまうため、パスワードを変更することで、不正アクセスなどの可能性を低減させることができる。
【記事】
米ツイッターがパスワード変更を呼びかけ、ハッシュ化せずにログに保存
【URL】
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/01110/

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です