紙のレシートはもういらなくなるのか。電子レシートのメリット

これはついこの間妻と話していた内容だ。レシートは必要、でもかさばるし面倒臭い。自分で電子化しなければならない。それを解決してくれそうだ。
【コメント】
個人のメリットとしては、紙レシートで財布が膨れることがなくなる。電化製品を買った際のレシートも、あんな小さな紙きれを大事に大事に保管しておくことも必要なくなりそうだ。
お店側のメリットとしては、記事にもある通り、自店のみでなく他店の購買履歴などが取得できるようになるので、商品開発などに役立てそうだ。もちろん、情報開示の範囲やレベルはしっかりと管理される必要がある。
個人のデメリットはあるのだろうか。記事にあるように、自身の購買履歴がお店に知られると、プライバシーがどうのこうのという話になってくる。個人事業主などであれば、確定申告など税金の計算をするような時にレシートが電子化されるので、それを考慮しなければならない。
お店や国としても、レシートを電子化した瞬間に改ざんなどのセキュリティリスクが考えられる。本当は2年前に買ったのに、1年前と改ざんして電化製品の保証を受けたり、本当は10,000円なのに50,000円として経費を計上したりといったリスクも考えられそうだ。
個人的にはお小遣いアプリとも連携してほしい。私は家計用にZaimを使っているが、クレジットカードや銀行口座との連携はできるのだが、(当然だが)現金で支払ったものは自動連携してくれない。その点、レシートの電子化ができるのなら、お小遣いアプリ連携ができるはずだと思う。
【記事】
電子レシートの恐るべき破壊力、小売業の淘汰始まる
【URL】
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/nc/18/020800017/022200011/

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です