非農業部門雇用者数(米国)とは何か

米国の労働省が月に1回公表している。雇用統計の指標のひとつである。公表日は毎月第1金曜日で、その他雇用統計と絡めて、FXをやる人にとっては大荒れの夜(日本時間)となる。
文字通り農業部門以外の産業で働く雇用者数のことで、前月比でどれだけ増減したかを測る。
この指標は米連邦準備理事会(FRB)も経済政策の参考にしているとされ、かなりの注目を浴びる指標である。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です