VPS(仮想専用サーバー)とは何か、投資家目線

私はIT企業で働く投資家ですが、VPSについて投資家目線でお話します。
VPSとはVirtual Private Serverの略で、自宅ではない場所(データセンタ)にあるパソコンを有料で借りられるサービスのことです。自宅にはなくても、自宅の自分のパソコンから操作することができます。
投資家がこのサービスを使う時は自動売買がほとんどでしょう。MT4などを使って自動売買を実施するためにはパソコンが常に電源ONである必要があります。想像してみてください。24時間稼働する自動売買プログラムを自宅で稼働するとどうなるか。そうです、パソコンを常に電源ONにしておかなければなりません。
他にも自宅が停電になる可能性もあります。データセンタは停電になりません(厳密には停電の可能性がありますがかなり低い)。
さらに、自宅パソコンだと自動売買以外にもソフトウェアが動いていたり、作業をしていたりすると思いますが、そんな時にパソコンのリソースを奪い合ってしまい、自動売買プログラムが動きたい時に動けなかったりします。自宅パソコンを自動売買専用にするのは難しいですが、専用のパソコンを借りると簡単です。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です