期待の「アドフュージョン」とは何か

簡単に言うとドラマなどのTVコンテンツとCMが融合されることである。おそらく広告(Advertisement)と融合(Fusion)の造語だろう。
個人的には良いことだと思う。商業臭さが出る点が嫌いな人もいるかも知れないが、CMもTV番組のストーリーの一部になるので、CMが挟まって鬱陶しいということはなくなる。(厳密には違うが)1時間番組なら1時間楽しめる。
国によってはTV番組の途中でCMを挟まないところがあるが、個人的にはその方が良いと思っていた。これで日本もそれに似てくるのかなと思う。
【記事】
電通がドラマ本編にCMを融合させる広告手法、フジテレビが6月20日深夜に放送
【URL】
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/01467/

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です