6月も半ば!6月16日のチマチマトレードレポート!利益継続中!

暑くなってきました。私は諸都合でテレワーク生活が終わり、出社しているのですが、マスクをすると物凄く暑いです。

早く沢山稼いで独立、もしくはアーリーリタイアしたいなと改めて思いました。

そんな夢に少しずつ近づけてくれているようなFXトレード戦略ですが、今週もまたレポートしたいと思います。

FX作戦第93号塩漬けナンピンスワップ作戦

アフターコロナかゴーイングバックトゥーコロナか、世の中が揺れていますが、こちらのチマチマトレードの成績はどうだったのでしょうか。

1週間の成績

2020年6月16日の預託金残高は7509.7円で、累計利益は1239.7円となりました。

後述しますが、5,000円の入金をしており、預託金残高はその影響で5,000円増えてます。累計利益については5,000円を考慮し、入金による影響がないようにしています。

1週間の利益としては572.4円でした。

この1週間はナンピンを繰り返したのに長い間塩漬けにされ、基本取引通貨数10に対して640のポジションを抱えているのにも関わらず、約360pipsもの含み損を抱えていたGBPUSDを、追加証拠金によりナンピンしました。

そのおかげで、GBPUSDのポジションは含み益に転じました。その時の値動きが大きかったこともあり、550円ほどの確定利益とすることができました。

この週はほとんどこれによる成績と言えると思います。

今後の作戦について考える

前の週にGBPUSDの含み益が最大で360pipsほどに達し、ナンピンができるほどの証拠金がなくなってしまいました。そこで5,000円を入金してナンピンをしました。

この5,000円は含み損が解消されるまでの応急処置のつもりでしたが、利益を伸ばすためにも、有効に活用したいと思っています。

そこで今後の方針はこのチマチマトレード戦略を一部変更します。

トレード通貨数

トレードする通貨数は変更せず、基本的に10通貨とします。

トレードする通貨数を増やさない代わりに、より積極的なナンピンにより、利益を回収していきます。

ナンピンの仕方

まずナンピンの方法ですが、これまで保有ポジションと同数のポジションをナンピンしていました。

例えば10通貨の保有ポジションの通貨ペアが100pips以上の含み損を抱えた時、10 通貨のナンピンをしていました。40pipsなら40pipsのナンピンです。

このチマチマトレード戦法では含み損が常に100pips以下になるように調整するのですが、必ずしも同通貨数のナンピンをする必要がないと思いました。

そこでこれからは、含み損が100pips以下になるまで基本通貨数(現在は10通貨)ずつナンピンをすることにします。

これまでの成績と記録

これまでの預託金残高をまとめます。括弧内の利益とは累計の利益です。

  • 2020/03/13:1通貨単位取引で開始。
  • 2020/03/13:1,270円(開始時)
  • 2020/03/24:1,275.4円(利益5.4円)
  • 2020/03/29:1,286.8円(利益16.8円)
  • 2020/03/31:1,321.8円(利益51.8円)
  • 2020/04/07:1,337.6円(利益67.6円)
  • 2020/04/07:取引単位を10通貨に変更。
  • 2020/04/14:1,382.4円(利益112.4円)
  • 2020/04/21:1,386.3円(利益116.3円)
  • 2020/04/28:1,420.6円(利益150.6円)
  • 2020/05/05:1,453円(利益183円)
  • 2020/05/12:1,530.3円(利益260.3円)
  • 2020/05/19:1,690.5円(利益420.5円)
  • 2020/05/26:1,724.1円(利益454.1円)
  • 2020/06/02:1,798.7円(利益528.7円)
  • 2020/06/09:1,937.3円(利益667.3円)
  • 2020/06/10:証拠金5,000円追加
  • 2020/06/16:7,509.7円(利益1239.7円)

6月10日には含み損が膨れてナンピンができなくなったため、証拠金を増やしてナンピンするために、5,000円を入金しました。

この5,000円の今後の使い方は前述の通りです。

この FX作戦の概要

この FX取引方法の概要はこちらのページをご覧ください。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です