Dropbox PaperはEvernoteに代わるのか

今さらですがDropboxにPaperという機能?サービス?があることを思い出して使ってみました。

私はEvernoteもDropboxも有料会員なので、もしかしてDropbox PaperはEvernoteの代わりになるのでは?と思いましたが、それは少し難しそうです。

私目線でその理由をいくつか書いてみたいと思います。

そもそもDropboxの有料版を使っている理由

もともとDropboxを契約した理由は、オンラインストレージが欲しかったからです。普通の理由ですね。自宅のパソコンが老朽化してきて、1TB近いデータを保存したかったのです。

写真が趣味とあって写真だけで2.5TBくらいあるので、これも安全に保存しておきたかったというのもあります。

つまり、Dropbox PaperがEvernoteの代わりになろうと、ならなかろうと、Dropboxは使い続けます。

Evernote機能、Webページ保存

私が資格の勉強や調べごとで重宝しているのはEvernoteのWebページの保存機能です。

WebページをほぼそのままEvernoteに保存することができます。多少体裁は崩れますが気にならない程度です。

これをこのEvernoteの機能を使わないでやろうとすると、印刷するか、PDFにするか、でしょうか。手間です。しかしEvernoteなら数クリック(タップ)でできます。

Evernote機能、画像に手書き

Dropbox Paperでも画像の挿入はできますが、その上から手書きで字や図を書くことができません。Evernoteはできます。

私は勉強をする際にスクリーンショットを撮って、その上に手書きで書き込むという事を多くやるので、個人的には欠かせない機能です。

Evernoteのノート感

最後はアプリのインターフェースですが、Evernoteはやはりその名の通りノート感があるのが良いです。

様々なトピックの記録をするのにはとても使いやすいです。Dropboxでもできなくはないですが、フォルダを作る必要がありそうです。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です