vCSAのインストール方法

今回はvCSAのインストール方法について記載します。

vCSAとは

よくvCenterと耳にすると思いますが、およそ同じものと思って良いでしょう。

以下、VMware Docsの引用です。

vCenter Server Appliance は事前に構成された Linux の仮想マシンであり、Linux 上で VMware vCenter Server® サービスおよび関連サービスを実行するために最適化されています。

VMware Docs

今回は手順の紹介なのでvCenterとは何かといった詳細は割愛しますが、簡単に言うと仮想基盤を構成するESXサーバの一元管理ができます。

インストーラの実行

まずはインストーラを実行します。実行すると下図のようなウィンドウが開きますので、Installを選択します。

Introductionは大して気にする必要はないでしょう。NEXTをクリックします。

License Agreementに同意します。チェックボックスにチェックを入れてNEXTをクリックします。

デプロイ先の設定

まずデプロイのタイプを選択します。その後、NEXTをクリックします。

次にデプロイするサーバの情報を入力します。

EXSi host or vCenter Server NameESXiホストかvCenterサーバの名前を入力
HTTPS portHTTPSで使用するポート番号を入力
User nameログインのためのユーザ名を入力
Passwordログインのためのパスワードを入力

次にCertificate Warningが出たりしますが、YESをクリックして次に進みます。

しばらく待ちます。

vCSAの設定

アプライアンスの情報を入力します。

VM nameアプライアンスVMの名前を入力
Set root passwordルートパスワードを入力
Confirm root password確認のためルートパスワードを再度入力

デプロイのサイズを設定します。完了したらNEXTをクリックします。

データストアを選択します。選択したらNEXTをクリックします。

ネットワーク設定

次にネットワーク設定をします。

設定内容は以下の通りです。

  • Network
  • IP version
  • IP assignment
  • FQDN
  • IP address
  • Subnet mask or prefix length
  • Default gateway
  • DNS servers
  • Common Ports
  • HTTP
  • HTTPS

デプロイ内容の確認

設定はほぼ完了です。デプロイする内容を確認します。内容に問題がなければFINISHをクリックします。

しばし待ちます。

これでインストールは完了です。

エラーが出た場合

インストールに失敗する場合があります。0%で止まってしまう場合はこちらの記事を参考にしてください。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です