AWS認定SAA試験対策いろいろ(Auto Scaling)

以前取得したAWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトの有効期限が切れそうで、再認定のための勉強をはじめました。

試験でポイントになりそうなことを、どんどん列挙してこうと思います。都度更新していきます。

では、早速書いていきます。

コンテンツ

Auto Scaling

  • EC2インスタンスでAuto Scalingグループというグループを構成して、設定に従ってEC2のインスタンスの数を増減させる。
  • 負荷上昇時に台数を増やすスケールアウトと、負荷減少時に台数を減らすスケールインができる。
  • Auto Scalingには大きく3つのユースケースがある。1つは、負荷に基づいたスケーリング、もう1つは、スケジュールに基づいたスケーリング、そして最後に、正常なインスタンスの台数を保つためのスケーリング。
  • Auto Scalingでは以下3つの要素がある。
  • Auto Scalingには2つの前提がある。
  • まず、正常なEC2の台数を維持するためにヘルスチェックを行っている。
  • そして、Auto Scalingグループが複数のAZに跨る時は、AZ間で台数を均等にする。
  • Auto ScalingによってEC2インスタンスが削除される際は、まず起動している台数が最も多いAZから削除し、次に起動設定(Launch Configuration)が最も古いインスタンス、最後に次の課金タイミングが最も近いインスタンスという順番で削除される。

疑問点等

  • 特になし

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です