AWS無料枠でやってみたいこと

以前個人的にAWSに登録して、無料枠で色々やってみようと思ったのですが、そもそものサーバ知識等が足りておらず、EC2でLinuxの仮想マシンをデプロイして放置することしか出来ませんでした。

もう少しAWSの知識・理解を深めようとすれば、EC2にアプリ載せてRDSと連携させたり、CloudWatchで監視して通知を送ってみたり、他にも色々な方法があると思いますが、そういったことを試しておくべきでした。

仕事の関係上、色々と検証させていただけそうなAWS環境が手に入りそうなので、今度こそこういうことをやってみたいというのをまとめてみます。

難易度:低

  1. EC2でLinuxをデプロイして、CloudWatchで監視する。
  2. CloudWatchからメールでアラートを送信する。
  3. CloudWatchの監視結果からAuto ScalingでEC2を1台増やしたり、1台減らしたりする。
  4. Amazon Cognitoを使って、Facebookユーザをログインさせる。
  5. Amazon Cognitoを使って、Twitterユーザをログインさせる。
  6. AWS Network Firewallのトラフィック制御を試す。
  7. Amazon Single Sign-OnでSSOをする。

難易度:高

  1. EC2とRDSのインスタンスを作成して、連携させる※1
  2. EC2とRDSのある環境でElastiCacheを利用する※2
  3. EC2をデプロイしてAWS Batchでバッチ実行させる。

※1:DB知識がなくどうやるのか分かっていない。ソフトウェアかなんかをインストールすれば良いのだろうけど。

※2:連携させたところで、見栄えが変わるわけでなく、ElastiCacheによる効果測定も難しそう。通常のRDS読み書きに負荷が係るほどのデータ量とIOPSが必要だと思うので。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です