Redmine構築2 コアサーバの設定

さて、Redmine構築のトライを進めていますが、今回は契約した【コアサーバ】の設定を進めていきます。

ドメイン設定

詳細な設定方法は割愛します。

自身でドメインを持っている場合はこちら(https://help.coreserver.jp/manual/v1/domain-create/)の手順に従って設定します。

契約時(登録時)にもらえる「付属ドメイン」を使用する場合はこちら(https://help.coreserver.jp/manual/v1/domain-create/)の手順に従います。

私は今回は独自ドメインを使わない、つまり付属ドメインを取得したかったので、後者の手順に従って登録しました。

サイト設定

次にサイト設定を行うことで、作成したサブドメインのディレクトリが作成されたりします。

手順はこちら(https://help.coreserver.jp/manual/v1/site-create/)をご覧ください。

SSH接続設定

SSH接続のために必要な設定をします。SSH接続をする端末(例えばTeratermを起動するPC)でダッシュボードにアクセスします。

手順はこちら(https://help.coreserver.jp/manual/v1/site-create/)をご覧ください。接続元IPアドレスとして、捜査しているPCのアドレスを登録することで接続を許可します。

ディレクトリ構成の確認

SSHでアクセスし、ディレクトリ構成を確認してみました。

  • . ※ルート
    • Maildir
    • log
    • perl5
    • public_html ※契約時に作成されたドメインのパス
      • log
      • xxx.xxx.xx ※作成したサブドメイン
        • ※なし

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。