民泊と株式とFXの収入の扱い

民泊は「雑所得」または「事業所得」になるが、明確な区分は決まっておらず、規模が大きいと事業所得で小さいと雑所得となったりする。
株式売買による利益は「譲渡所得」に分類されるため、民泊とは違う。
外国為替証拠金取引(FX)の利益は、小規模な民泊と同様に「雑所得」に分類される。
様々な控除や優遇や制度が適用される可能性があるので、確定申告の時は注意。
例えば、FXも国内業者か国外業者かでも異なる。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28868580S8A400C1K15100?channel=DF280120166599

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です