マイクロソフトが買収を発表したGitHubの特徴とは(その1)

こんにちは。IT業界に務めているものの、プログラミングとは無縁で「GitHub」とはなんぞや、となっている…と、言い訳はこのくらいにして、今回はGitHubとはどんなサービスなのかを調べてみた。

ウィキペディア

100%正確な情報であるか担保はされないものの、概要を知るためにはかなり重宝するウィキペディア。

ウィキペディアによると「ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービス」とある。またSNS機能もあるらしい。あまりピンとこないのだが、とりあえず「ソフトウェア開発で便利なサイトでSNSもできるよ」ということらしい。

GitHubの7つの特徴

続いて実際にGitHubのサイトに行ってみた。そしてまずは「Features(特徴)」を覗いてみる。7つの特徴があるようだ。

それは①Code Review、②Project Management、③Integrations、④Team Management、⑤Social Coding、⑥Documentation、⑦Code Hostingだ。

①Code Review

簡単に言うと「良いコードを書くためにレビューしてもらおう!」という感じ。変更の提案や依頼もできる。変更前と後のコードの比較も容易。そのコードへのコメントもできる。明確なフィードバックができる。一番良いコードを取っておける。こんな雰囲気のことが書いてある。

②Project Management

言うまでもなく「プロジェクト管理ができるよ」ということでしょう。ウェブページを読んでみると色々書いてある。プロジェクトの全体像がみえる。割り当てられたタスクを追跡できる。こんな感じ。

チェックボックスで進捗管理をしたり、タスクの状況(実施中、待機中、など)が管理できるということのようだ。

③Integrations

続いてはIntegrationだ。いつも適切な日本語が思いつかない単語である(個人的に)。辞書で調べると「統合」とあるが、こういったサービスでは個人的には「連携」という言葉がしっくりくる。

内容は簡単で、いろいろな他ツールと連携できるよ、ということ。例えばSlackなど。

マーケットプレイスで購入できる。

第二弾はこちら

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です