Juniper SSGのNSRP、コンフィグ同期の確認と方法

こんにちは。数日前にはまってしまったので備忘録です。

前提条件
この記事内での前提条件です。
Active機とStandby機のActive-Standbyの冗長構成
基本的にコマンド等実施はStandby機のみ(ここ重要)

コンフィグの同期状態の確認。
Standby機にTelnet/SSH/コンソール接続して下記コマンドを実施。
exec nsrp sync global-config check-sum
すると、下記のような結果が得られます。
①configuration in sync
②Warning: configuration out of sync
上記のうち①なら問題ありません。同期しています。②の場合は同期がされていないので対応が必要です。

コンフィグの同期方法
Standby機で下記コマンドを実施します。必ずStandby機です。仮にStandby機が空コンフィグでActive機で下記コマンドを実施した場合、Active機のコンフィグはさよならです。必ず同期させたい機器に実施してください。
exec nsrp sync global-config save
これでActive機のコンフィグをStandby機に同期します。

Standby機のリセット
コンフィグの同期コマンドを実施すると、おそらく下記のようなメッセージが出ます。
Please reset your box to let cluster configuration take effect!
言いたいことが分かるような分からないような。boxって曖昧な表現…。要は機器をリセットしてね、ということです。Standby機で下記コマンドを実施します。
reset
そのあと、もし「Configuration modified. Save?」と聞かれたら「n」(Noの意味)と入力。
そして、「System reset? Are you sure?」と聞かれたら「y」(Yesの意味)と入力。
しばらく待つとリセットが走り、Telnet/SSHで接続している場合はおそらくセッションが落ちます。
再度ログインして、上記「コンフィグの同期状態の確認」で実施した下記コマンドで同期状態を確認してください。
exec nsrp sync global-config check-sum

HolderYK
  • HolderYK
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です