Linuxでディレクトリとファイルを見分ける方法

先日Red Hatでとあるファイルを探していたところ、「ls」コマンドを使用していたのですが、どれがディレクトリでどれがファイルか分からないという事象が発生しました。

そこで、調べて分かったことを簡単にまとめておきます。

実施コマンド「ls」(エル、エス)のみ

まずはオプションなしでコマンド実行です。

こんな感じです。ずらーっとディレクトリやらファイルやらが出てきて良く分かりません。

実施コマンド「ls -l」(エル、エス、ハイフン、エル)

こんな感じです。見栄えが変わりました。

各行の一番左を見ます。「d」ならディレクトリ、「-」ならファイルだそうです。

他にも「l」(エル)等がありますが、それについては改めてちゃんと調べてから投稿したいと思います。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です