アメリカ、1兆ドルの経済刺激検討

アメリカは3月17日、1兆ドル規模の経済刺激の検討をしていることが分かりました。詳しくは日経新聞の記事をご確認ください。

ムニューシン財務長官もとても大きな経済刺激になると述べています。

1兆ドルとはどれくらいか

1兆ドルはおよそ107兆円にあたります。アメリカの人口を3億人とすると1人当たり35万円の施策です。

もちろん等分に配られるわけではありませんが、規模感を知るにはこれくらいだということです。

どんな施策が行われるか

発表が間もなく、検討中とのことで詳細は不明です。

トランプ大統領は企業と労働者の負担する給与税の減税や、コロナウイルスの影響が大きい航空会社や宿泊業のサポートも検討しているとのことです。

ムニューシン財務長官は2週間を目処に実現したい意向を示しており、今後の動向に注目です。

一方で、マレーシア、休業

アメリカやヨーロッパは経済施策が目立ちますが、マレーシアは生活に必要な行政やサービスを除いて3月31日まで閉鎖する方法を取りました。

電気やガス、水道、スーパーマーケットなど、生活に必要なお店とサービスを除き、全面的に会社を閉鎖するよう、政府が求めています。

特に大きな経済施策の話はまだ知りませんが、経済への大打撃よりも感染拡大を懸念した結果でしょう。現にマレーシアでは感染者が急増しているようです。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です