HSRP (Hot Standby Router Protocol)

L3ネットワークを構築する上でほぼ確実に出てくるのではないかと言うHSRPについてです。

HSRPとは

デフォルトゲートウェイを冗長化するプロトコルです。ルータの冗長構成で利用したりします。

HSRPのポイント

  • プライオリティの高いスイッチがアクティブルータとなるが、preemptが設定されていない限りスタンバイルータはプライオリティが高くなってもアクティブルータにならない
    • つまり、Aがアクティブ、Bがスタンバイの時に、Aがダウンした際にBのプライオリティ値の方が高くなっても、Bにpreemptが設定されていなければBはアクティブにならない。
  •  

HSRPのコマンド

  • オブジェクトトラッキングの設定方法
    • (config-if)#standby [グループ番号] track {オブジェクト番号} [decrement {減少値}]
    • (config-if)#standby 3 track fastethernet 0/10 decrement 30
よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です