忘れられぬFXの悪夢と教訓

私のFXトレード人生で忘れられない失敗があります。

当時はトルコという国に大きな期待を持っていました。最近はほとんどなくなりましたが、トルコが欧州連合(EU)に加盟するかも知れないと言われてました。

ヨーロッパと中東の間に位置するトルコには、若い世代の労働者が多く、人口も多く、経済もそれなりに成長していました。そんな国がEUに加盟すれば貿易が盛んになり、経済が爆発的に成長すると思ってました。

もちろん、今もそれを完全に否定することはできないのですが、私が大きな失敗をしたその頃はトルコリラが47円くらいの水準でした。

そこで私は根拠も大してないのに、この水準が歴史で1番低い水準だ、これからは上がるしかない、そう信じて多額のお金を投じて、ハイレバレッジでトラリピのトレードをしました。

私がどんな失敗をしたかもうお分かりでしょう。

今やトルコリラは16円程度です。一時期15円台をつけたこともあるので、ほぼ3分の1の水準です。

実際には40円少しのとこでロスカットが発動して、一瞬で数十万円が消えました。

現在はメキシコペソでトラリピを運用してます。メキシコペソは5円程度で、仮にこれが0円になっても大丈夫くらいの証拠金で余裕を持って取引してます。

学んだのは、絶対なんてあり得ないことと、リスクをしっかりと計算することです。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です