AWSの概要!AWS Whitepaper(Overview of Amazon Web Services)

AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイトの再認定のために勉強しております。合格体験記を調べてみると、AWSのホワイトペーパーを読むと良いと書いてありますね。私の約3年前の勉強時に1度目受験で不合格、ホワイトペーパーを読んで臨んで2度目で合格でした。

ということで、今回もホワイトペーパーを読んでから試験に臨もうと思います。

当ホワイトペーパーの概要

今回この記事で記載内容をメモするのは、記事タイトルにもあるホワイトペーパーです。

このホワイトペーパーの内容は、Overviewとある通りAWSの概要について記載されています。発行は2021年8月5日なので、かなり新しいですね、2か月前です。表紙や目次も含むとは言え85ページもあるので気が滅入ります。

ソリューションアーキテクトアソシエイトの範囲外のものも含まれると思うので、基本的には熟読というよりは、ばーっと読み流して、キーワードだけ拾っていこうと思います。特に、参考書で勉強済みのサービスはしっかり読んで、その他のサービスは概要を理解するに留めようと思います。

6つのメリット(Advantage)

クラウドコンピューティングの6つのメリットです。

  1. Trade capital expense for variable expense
  2. Benefit from massive economies of scale
  3. Stop guessing capacity
  4. Increase speed and agility
  5. Stop spending money running and maintaining data centers
  6. Go global in minutes

すごく簡単に意訳しますと、

  1. ハードウェアに金をかけずに、もっと価値あることにお金を使える。
  2. AWSは多くのユーザでリソースを共有しており、(無駄がないので)安く提供できる。
  3. リソース予測とかやめよう。AWSならスケールアップもダウンも簡単。
  4. 構築のスピードアップ。(サーバ納品とか待たなくて良い)
  5. データセンタにお金かけないで、サービスの中身や提供に注力しよう。
  6. 簡単に世界各地に構築できる。(ユーザにとっての遅延低下等のメリットあり)

かなり私なりにアレンジした訳ですが、本質は間違ってないと思います。

Cloud Computing Models & Cloud Computing Deployment Models

クラウドによるコンピューティングの種類と、モデル(構成?)ですね。

種類としては、Iaas、PaaS、SaaSについて記載があります。基本的な知識のため説明は割愛しますが、AWSもサービスによって責任分界が異なっており、理解しておく必要がありそうです。

モデル(ここでは構成と訳す?)は、クラウド、ハイブリッド、オンプレミスについて記載されてます。こちらも基本的なことなので説明は記載しませんが、AWSの資料を読んだり認定試験の問題を解いていると、クラウド様、時々ハイブリッド、オンプレはやめようぜ、みたいな感じです。

とはいえ、オンプレもやめるにやめれない事情のある企業も多いでしょうし、そうなるとハイブリッドという選択肢になるのかと思います。

リージョンとアベイラビリティゾーン

  • リージョンとは物理的(=地理的)に離れており、それぞれの中にアベイラビリティゾーン(AZ)がある。
  • The AWS Cloud operates in 80 Availability Zones within 25 geographic Regions around the world…だそうです。リージョンが25か所、AZは80あるそうです。

疑問点等

  • 特になし
よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です