Pythonの反復構造(for)を学ぶ

Pythonの勉強中です。今回は反復構造です。

シンプルなfor文を書く

for [変数] range ([反復回数]): で書けます。

結果は、、、

range()の使い方

range()は変数が1つの場合は、0からその変数の値まで、2つの場合は、その範囲で数字を発生させられる。

アウトプットは、、、

breakでループを抜ける

breakを使うとループを抜けることができます。

下の例では、for文で100回繰り返すとしていますが、実際には変数iが15になるとbreakでループを抜けるというものです。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です