Teamsはテレワーク業務に向いているのか

マイクロソフトのTeamsというサービスですが、とあるお客さんと使うことになって使ってます。

コミュニケーションツールなので、メール等に変わって使用してます。

まだなんとなくですが、見えてきた使いやすさや特徴について書きたいと思います。

チャット機能

普通のチャット機能です。1対1のチャットも可能ですし、複数人でのチャットも可能です。

文字入力はもちろんフォントの大きさや色など、最低限の表現は可能です。

メールよりは気楽に送れると言う点ではテレワーク向けかも知れません。ただし、送ったメッセージはどんどん上の方に流れて行ってしまうため、以前送った情報などを再度見つけることがとても困難になります。その点はメールには件名がつけられますので、メールの方がやりとりしやすく感じます。

チャネル機能

チャネルとはいわば掲示板のようなものですね。昔流行った掲示板を思い浮かべてください。トピックを起案者(いわゆるトピ主)がスレッドを立て、そこへ参加者が書き込めます。

メールに近い使い方ができると思います。件名をつけて投稿ができるので内容も分かりやすいです。

また、メールではメールを受信した特定の人しか情報を見られませんが、Teamsのチャネルを使えばそのチャネルを見れる人全員が閲覧可能です。

会社で隣のチームが何か話してるなぁということを聞きに行くような感覚で、チャネルのスレッドを読むことができます。

テレワークに使えるツールなのか

色々な機能が一通りついており、電話もできるので、向いていないこともないと思います。チャットかメールかと言う点では一長一短ですし、業務の見える化ができるかと言えばそうでもありません。

私の個人的な結論としてはTeamsを使うからテレワークがしやすくなるものではなく、かと言ってTeamsを使わないとテレワークがしにくくなるというものでもありません。

よっさん
  • よっさん
  • 当サイトの管理人。ニューヨークの大学を飛び級で卒業。その後某日系IT企業でグローバル案件に携わる。マレーシアに1.5年赴任した経験を持つ。バイリンガルITエンジニアとしていかに楽に稼ぐか日々考えている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です